TOPページへ
戻る

中古車(トラック・バス・重機)販売【キントラ】ホームキンドリ|中古車のトラックを運転するなら省エネ運転を心がけよう

中古車のトラックを運転するなら省エネ運転を心がけよう

一般車両に比べて、重量も大きく走行に必要な燃料も多いトラック。

トラックを運転するときには、省エネ運転が推奨されています。

新型と比べた場合は、どうしても省エネ効果の低い中古車のトラックですが、省エネ運転をする事はもちろん可能です。

省エネ運転をする際のポイントは何かについてご紹介します。

■省エネ運転はなぜいいの?エコドライブの効果とは

■省エネ運転はなぜいいの?エコドライブの効果とは

省エネ運転はエコドライブともいわれていますが、どんな点にメリットがあるのでしょうか。

・CO2などの廃棄量を減らし、大気汚染を抑止する

トラックを運転すると、CO2や窒素酸化物といった、排気ガスを排出します。

窒素酸化物は、高濃度になると環境などにも大きな害を与えるものです。

省エネ運転をすることで、CO2や窒素酸化物などの有害物質を大気に排出することを抑え、大気汚染を抑止する効果が期待できます。

・安全運転で事故などを防ぐ

省エネ運転をするにあたっては、急な発進や停止をしない、安定速度を保つなどのポイントがあります。

こういった運転を心がけることにより、突発的な事故を減らすことにもつながります。

・燃料費を削減できる

年式の古い中古車のトラックは、現行の新型車と比較した場合は燃費の面では劣る場合が多いですが、省エネ運転をすることによって、当然トラック個々の燃費は向上します。

省エネ運転を心がけずに運転して消費していた燃料を削減することで、同じ量でもより長い距離を走ることができ、トラックを管理している会社としても、全体的な燃料費が削減できるという効果があります。

・燃料費を削減できる

年式の古い中古車のトラックは、現行の新型車と比較した場合は燃費の面では劣る場合が多いですが、省エネ運転をすることによって、当然トラック個々の燃費は向上します。

省エネ運転を心がけずに運転して消費していた燃料を削減することで、同じ量でもより長い距離を走ることができ、トラックを管理している会社としても、全体的な燃料費が削減できるという効果があります。

■省エネ運転のポイント

■省エネ運転のポイント

省エネ運転をする際には、気をつけておきたいポイントがあります。

6つのポイントについてご紹介します。

・無駄なアイドリングや空ぶかしを減らす

一時停止をしているときは、エンジンを切らずにアイドリングをしてしまいがちです。

しかし、アイドリングは多少ではあっても燃料を消費してしまいます。

短時間の停止にもかかわらずエンジンを切るのはかえってよくありませんが、一定期間以上の停止の場合は、アイドリングをやめてエンジンを切るように心がけた方がよいでしょう。

また、エンジンの空ぶかしはエンジンの回転数を上げ、無駄なエネルギーを消費します。

空ぶかしを減らすことも省エネ運転のポイントです。

・エアコンの使用は適切に

エンジンがかかっている間にエアコンを使用すると、燃料を消費しますが、エアコンを利用するのとしないのとでは、消費する燃料に大きな差が出ます。

必要ないところではエアコンを切る、必要以上に温度を上げすぎない、もしくは下げすぎないなどの工夫をし、エアコンを適切に使用しましょう。

・発進や停止、加速を少なく

・発進や停止、加速を少なく

信号待ちなどでは一時停止や発進を余儀なくされますが、法令を遵守し、交通の流れを妨げない範囲で、できるだけ発進や停止、加速の頻度を下げることも省エネ運転のポイントです。

発進時や加速時にはエンジンの回転数が上がるため、余計な燃料の消費につながるからです。

・スピードを抑えて一定速度で走行する

アクセルを踏む力が強くなるのに比例して、消費する燃料は増えます。

そのため、省エネ運転のためには、必要以上にスピードを出しすぎないことがポイントです。

また、加速したり減速したりといった緩急をつけた運転を頻繁にすると、総合的には燃料を多く消費する結果となる場合もあります。

他の項目も含め、乗用車にも言える事ですが、中古車のトラックを運転する際にも、一定速度で走行することを心がけましょう。

・エンジンブレーキを多用し、早めに減速

フットブレーキはエンジンブレーキよりも減速するスピードが速いため、日常的な走行では使用しやすいブレーキです。

しかし、エンジンブレーキに比べるとフットブレーキは、多用すると前述の急な加速や減速の多い運転に繋がりかねません。

一方、エンジンブレーキも万能ではなく、スピードが出ている状態で利用すると、急激なギアチェンジによりエンジンやトランス>ミッションに負荷が掛かる場合があります

エンジンブレーキを使いながら、減速のタイミングを早め、できるだけ緩やかに速度を下げるように心がけることがポイントです。

・無駄な荷物を乗せて走らない

トラックの荷台に積載している荷物の重量が大きいほど、走行には多くの燃料が必要になります。

無駄な荷物はトラックから降ろし、できるだけ軽い状態を保って走行することもポイントです。

中古車のトラックを運転するにあたり、省エネ運転を心がける理由やポイントについてご紹介しました。

できるだけ燃費をよくすることで、日々の経費削減にもつながります。

中古トラックのことならキントラ(旧:近畿トラック販売)


キントラドリル 車輌の情報の宝庫

中古車でクレーン付きなど特殊なトラックに乗るときの注意点

中古車でクレーン付きなど特殊なトラックに乗るときの注意点

トラックの中古車を購入するときは、自身が持っている免許や資格で運転できるのかを考えて選ぶ必要があります。...
→続きを読む

冷蔵車と冷凍車の違いとは?各機能の特徴について

冷蔵車と冷凍車の違いとは?各機能の特徴について

多くの人たちが新鮮な食品を簡単に手に入れられるようになったのは、生鮮食品や冷凍食品の流通が便利になったからといえます。...
→続きを読む

幅広い業界で活躍中のウイングボディのトラックとは?

幅広い業界で活躍中のウイングボディのトラックとは?

ウイングボディのトラックは、引っ越し用の大型トラックや屋外イベント用などに活用されることが多いため、目にしたことがある人も多いかもしれません。...
→続きを読む

建築現場で大活躍!ダンプトラックの特徴

建築現場で大活躍!ダンプトラックの特徴

建築現場には欠かせないダンプトラックにはさまざまな種類があり、利用する用途に合わせて選ぶ必要があります。...
→続きを読む

トラックのルーツ!平ボディトラックの特徴や乗るときの注意点

トラックのルーツ!平ボディトラックの特徴や乗るときの注意点

トラックの定番である「平ボディトラック」は、数多くあるトラックの中でも利用している方が多くいます。...
→続きを読む

セルフローダーの特徴って?どんな車両を運べるのか?

セルフローダーの特徴って?どんな車両を運べるのか?

車両や重機、建築機材を運ぶために使用されるセルフローダーは、さまざまな車種に対応できる設計となっており、さまざまな作業現場で荷卸しから運搬まで幅広く活躍しています。...
→続きを読む

狭い現場で大活躍!ホイールクレーンの特徴や活躍する現場をご紹介

狭い現場で大活躍!ホイールクレーンの特徴や活躍する現場をご紹介

狭い作業現場で活躍する移動式クレーン車「ホイールクレーン」。ここでは、操縦できる条件や用途などについて詳しくご紹介します。...
→続きを読む

事業用トラックと自家用トラックの違いとは?

事業用トラックと自家用トラックの違いとは?

トラックは、主に事業用と自家用の二種類に分けられます。事業用で利用する際に影響が出てくる可能性があるので、あらかじめ確認しておくことが大切です。...
→続きを読む

中古バスは需要が高い!なぜ需要があるのかご紹介

中古バスは需要が高い!なぜ需要があるのかご紹介

バスの需要は高く、追加で購入を検討している事業者の方も多くなっているといわれています。...
→続きを読む

さまざまな用途に対応!トラクタヘッド(トレーラーヘッド)とトレーラーで大型トラックに変身

さまざまな用途に対応!トラクタヘッド(トレーラーヘッド)とトレーラーで大型トラックに変身

街中で、トレーラーを連結した大型トラックが走っているのを目にすることがあると思います。...
→続きを読む

トラックウイングに積載するときや運転するときの注意点

トラックウイングに積載するときや運転するときの注意点

近年、インターネットショッピングなどの拡大により、宅配業者の需要が高まっています。...
→続きを読む

中古クレーン付きトラックでも需要が高い!ユニック車の特徴とは?

中古クレーン付きトラックでも需要が高い!ユニック車の特徴とは?

中古のクレーン付きトラックの需要が高いことをご存知でしょうか。...
→続きを読む

乗用車とトラックの車検は違う?それぞれの違いについて知っておこう

乗用車とトラックの車検は違う?それぞれの違いについて知っておこう

トラックを中古車で購入しようと思っているものの、車検の費用や手続きに不安があり、なかなか購入に踏み切れないという方もいるのではないでしょうか。...
→続きを読む

中古バスの中でも人気!マイクロバスの魅力をご紹介

中古バスの中でも人気!マイクロバスの魅力をご紹介

たくさんの乗客を乗せることができるバスは、中古市場でも人気の高い車のひとつ。...
→続きを読む

中古車のトラックを運転するなら省エネ運転を心がけよう

中古車のトラックを運転するなら省エネ運転を心がけよう

一般車両に比べて、重量も大きく走行に必要な燃料も多いトラック。...
→続きを読む

ハイデッカーバスとは?中古バスの中でも注目を集めている車種

ハイデッカーバスとは?中古バスの中でも注目を集めている車種

観光バスや長距離バスなどで使われているハイデッカーバス。...
→続きを読む

冷蔵車で運べるものって?温度管理はどうなっているの?

冷蔵車で運べるものって?温度管理はどうなっているの?

夏場でも、品質を落すことなくチルド品やお弁当などを運んでくれる冷蔵車。...
→続きを読む

トラックの導風板って何?役割や効果、種類をご紹介

トラックの導風板って何?役割や効果、種類をご紹介

トラックのキャビン上部に三角のカバーが付いているアルミバンやウイングトラックをよく見かけます。...
→続きを読む

バスの生産台数は少ない?新車よりも中古バスのほうが見つかりやすい

バスの生産台数は少ない?新車よりも中古バスのほうが見つかりやすい

新車の場合でのバスの作り方は注文住宅に似ています。...
→続きを読む

ミキサー車ってどんな車?用途や構造について

ミキサー車ってどんな車?用途や構造について

ミキサー車はコンクリート工場で作られた生コンを工事現場に運ぶために重要な...
→続きを読む

よく間違えられる!セルフローダーとセーフティローダーの違い

よく間違えられる!セルフローダーとセーフティローダーの違い

セルフローダーとセーフティローダーは、ともに、重機や車両を積載して運搬するための...
→続きを読む

作業場によって異なる!おすすめの高所作業車の選び方

作業場によって異なる!おすすめの高所作業車の選び方

高所作業車は使用する場所(広い場所や狭い場所、どれくらいの高さか?など)...
→続きを読む

長距離向きのトラック!アルミウイングの魅力とは?

長距離向きのトラック!アルミウイングの魅力とは?

アルミウイングは長距離の輸送に向いているトラックで、汎用性が高くさまざまな業界で利用...
→続きを読む

レスポンシブ対応