TOPページへ
戻る

中古車(トラック・バス・重機)販売【キントラ】ホームキンドリ|建築現場で大活躍!ダンプトラックの特徴

建築現場で大活躍!ダンプトラックの特徴

建築現場で大活躍!ダンプトラックの特徴

建築現場には欠かせないダンプトラックにはさまざまな種類があり、利用する用途に合わせて選ぶ必要があります。

そのため、ダンプトラックの特徴を知り、ダンプトラックに積載するものや利用する用途を考えることが大切です。

そこで今回は、ダンプトラックの特徴をご紹介します。

■ダンプトラックの基礎知識

ダンプトラックは、油圧ポンプによって荷台を傾ける機能を持っているトラックです。

ダンプとは、「ドサッと下ろす」行動の動詞となる「dump」からきており、荷台に積んでいる土砂や砂利を落とすように見えることから使われるようになりました。

日本では「ダンプカー」といわれていますが、和製英語なので英語圏では通じません。英語圏でダンプカーというと、土砂を運搬する鉄道車両を指します。

ダンプトラックのサイズは、軽自動車のサイズから大型トラックのサイズまで幅広くあります。

また、荷台にも種類があり、土砂や砂利専用のものから土砂を積載できないもの、荷台を傾斜させる方向が後方のみのもの、左右両方向けのもの、左右の傾斜だけでなく後方にも傾斜できるものなどさまざまです。

主に土砂や砂利を積載する目的で使用されるダンプトラックは、公道を走れるタイプで最大積載量が11tまでと決められています。これは、土砂や砂利が重くなりがちになるため、道路交通法で定められています。

過積載になると運転していた方だけでなく事業主も罰則を受けることになり、最大積載量を厳守する必要があります。

■ダンプトラックの種類

ダンプトラックの種類

ダンプトラックは大きく分けて2種類あります。

●土砂ダンプトラック

ダンプトラックのスタンダードタイプです。

主に土砂や産業廃棄物などを運搬されるために利用されています。

建築現場や工事現場でよく見かけるダンプトラックは、このタイプが大半です。

●土砂禁ダンプトラック(別称:深ダンプ)

土砂ダンプトラックと違って土砂を運搬できないタイプのダンプトラックです。

土砂以外のペットボトルや、軽量だが容積が嵩むゴミを運搬するために荷台の部分のあおりが高くなっています。

もしも土砂禁ダンプトラックで土砂を運搬すると過積載となり、罰則を受けます。

そのため、土砂禁ダンプトラックを利用するときは、「土砂を運搬しない」と明確に提示する必要があり、「土砂等運搬禁止」の表示義務が課せられています。

■ダンプ規制法について

ダンプ規制法について

ダンプトラックを日本で運転するときは、「ダンプ規制法(土砂等を運搬する大型自動車による交通事故の防止等に関する特別措置法)」で定められている内容を守らなければなりません。

大型自動車に区分されるダンプトラックは、ダンプ規制法によって公道を走行するときに荷台へ表示番号を表示する必要があります。

表示番号は、必要な届け出を国土交通大臣に提出すると指定を受けることができます。

なお、土砂などの飛散を防ぐためにシートを被せる指導を警視庁が行った結果、表示番号が見えないダンプトラックが増えました。そのため、最近はシートにも表示番号を表示させるように全国へ通達して、誤表示などの指導を行っています。

土砂禁ダンプトラックや公道を走行しないダンプトラックは、表示番号の指定を受ける必要がありません。

ダンプトラックは、ただ土砂を運搬できるダンプトラックだけでなく、土砂を運搬できない土砂禁ダンプトラックがあるので、運転する際に知っておかないと知らないうちに罰則を受ける対象になっていることがあります。

そのため、ダンプトラックを購入するときは、どんな用途で利用するのかを考えて選ぶことが大切です。

土砂を運ぶにしても積載量が11tを超えないようにしたり、土砂以外のものを運搬するのなら積載量に注意して選んだりするようにしましょう。

中古ダンプならキントラ(旧:近畿トラック販売)


キントラドリル 車輌の情報の宝庫

中古車でクレーン付きなど特殊なトラックに乗るときの注意点

中古車でクレーン付きなど特殊なトラックに乗るときの注意点

トラックの中古車を購入するときは、自身が持っている免許や資格で運転できるのかを考えて選ぶ必要があります。...
→続きを読む

冷蔵車と冷凍車の違いとは?各機能の特徴について

冷蔵車と冷凍車の違いとは?各機能の特徴について

多くの人たちが新鮮な食品を簡単に手に入れられるようになったのは、生鮮食品や冷凍食品の流通が便利になったからといえます。...
→続きを読む

幅広い業界で活躍中のウイングボディのトラックとは?

幅広い業界で活躍中のウイングボディのトラックとは?

ウイングボディのトラックは、引っ越し用の大型トラックや屋外イベント用などに活用されることが多いため、目にしたことがある人も多いかもしれません。...
→続きを読む

建築現場で大活躍!ダンプトラックの特徴

建築現場で大活躍!ダンプトラックの特徴

建築現場には欠かせないダンプトラックにはさまざまな種類があり、利用する用途に合わせて選ぶ必要があります。...
→続きを読む

トラックのルーツ!平ボディトラックの特徴や乗るときの注意点

トラックのルーツ!平ボディトラックの特徴や乗るときの注意点

トラックの定番である「平ボディトラック」は、数多くあるトラックの中でも利用している方が多くいます。...
→続きを読む

セルフローダーの特徴って?どんな車両を運べるのか?

セルフローダーの特徴って?どんな車両を運べるのか?

車両や重機、建築機材を運ぶために使用されるセルフローダーは、さまざまな車種に対応できる設計となっており、さまざまな作業現場で荷卸しから運搬まで幅広く活躍しています。...
→続きを読む

狭い現場で大活躍!ホイールクレーンの特徴や活躍する現場をご紹介

狭い現場で大活躍!ホイールクレーンの特徴や活躍する現場をご紹介

狭い作業現場で活躍する移動式クレーン車「ホイールクレーン」。ここでは、操縦できる条件や用途などについて詳しくご紹介します。...
→続きを読む

事業用トラックと自家用トラックの違いとは?

事業用トラックと自家用トラックの違いとは?

トラックは、主に事業用と自家用の二種類に分けられます。事業用で利用する際に影響が出てくる可能性があるので、あらかじめ確認しておくことが大切です。...
→続きを読む

中古バスは需要が高い!なぜ需要があるのかご紹介

中古バスは需要が高い!なぜ需要があるのかご紹介

バスの需要は高く、追加で購入を検討している事業者の方も多くなっているといわれています。...
→続きを読む

さまざまな用途に対応!トラクタヘッド(トレーラーヘッド)とトレーラーで大型トラックに変身

さまざまな用途に対応!トラクタヘッド(トレーラーヘッド)とトレーラーで大型トラックに変身

街中で、トレーラーを連結した大型トラックが走っているのを目にすることがあると思います。...
→続きを読む

トラックウイングに積載するときや運転するときの注意点

トラックウイングに積載するときや運転するときの注意点

近年、インターネットショッピングなどの拡大により、宅配業者の需要が高まっています。...
→続きを読む

中古クレーン付きトラックでも需要が高い!ユニック車の特徴とは?

中古クレーン付きトラックでも需要が高い!ユニック車の特徴とは?

中古のクレーン付きトラックの需要が高いことをご存知でしょうか。...
→続きを読む

乗用車とトラックの車検は違う?それぞれの違いについて知っておこう

乗用車とトラックの車検は違う?それぞれの違いについて知っておこう

トラックを中古車で購入しようと思っているものの、車検の費用や手続きに不安があり、なかなか購入に踏み切れないという方もいるのではないでしょうか。...
→続きを読む

中古バスの中でも人気!マイクロバスの魅力をご紹介

中古バスの中でも人気!マイクロバスの魅力をご紹介

たくさんの乗客を乗せることができるバスは、中古市場でも人気の高い車のひとつ。...
→続きを読む

中古車のトラックを運転するなら省エネ運転を心がけよう

中古車のトラックを運転するなら省エネ運転を心がけよう

一般車両に比べて、重量も大きく走行に必要な燃料も多いトラック。...
→続きを読む

ハイデッカーバスとは?中古バスの中でも注目を集めている車種

ハイデッカーバスとは?中古バスの中でも注目を集めている車種

観光バスや長距離バスなどで使われているハイデッカーバス。...
→続きを読む

冷蔵車で運べるものって?温度管理はどうなっているの?

冷蔵車で運べるものって?温度管理はどうなっているの?

夏場でも、品質を落すことなくチルド品やお弁当などを運んでくれる冷蔵車。...
→続きを読む

トラックの導風板って何?役割や効果、種類をご紹介

トラックの導風板って何?役割や効果、種類をご紹介

トラックのキャビン上部に三角のカバーが付いているアルミバンやウイングトラックをよく見かけます。...
→続きを読む

バスの生産台数は少ない?新車よりも中古バスのほうが見つかりやすい

バスの生産台数は少ない?新車よりも中古バスのほうが見つかりやすい

新車の場合でのバスの作り方は注文住宅に似ています。...
→続きを読む

ミキサー車ってどんな車?用途や構造について

ミキサー車ってどんな車?用途や構造について

ミキサー車はコンクリート工場で作られた生コンを工事現場に運ぶために重要な...
→続きを読む

よく間違えられる!セルフローダーとセーフティローダーの違い

よく間違えられる!セルフローダーとセーフティローダーの違い

セルフローダーとセーフティローダーは、ともに、重機や車両を積載して運搬するための...
→続きを読む

作業場によって異なる!おすすめの高所作業車の選び方

作業場によって異なる!おすすめの高所作業車の選び方

高所作業車は使用する場所(広い場所や狭い場所、どれくらいの高さか?など)...
→続きを読む

長距離向きのトラック!アルミウイングの魅力とは?

長距離向きのトラック!アルミウイングの魅力とは?

アルミウイングは長距離の輸送に向いているトラックで、汎用性が高くさまざまな業界で利用...
→続きを読む

レスポンシブ対応